スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よくある話

主観と客観は入れ替わる。

意図した表現は必ずしも伝わらず、ミメーシスが起こる事は百も承知の上。
でもやはりどこかで期待してしまう。
それはとても悲しいことである。

そしてそれ以上に悲しい事は、
個人の客観はその個人の視点、つまり世界を、対象をどのように見ているかを露呈している。
人はおおよそ話をするとき、『客観的』を免罪符に自分がどういう視点で世界を見ているかを無意識に漏らしてしまっている。
それを垣間みて(それもまた個人の範疇ではあるが)幻滅することである。
たとえ、そこでの客観性と言われることについての多数決があったとしても、もはや何の効力を持ち得ないほどに各々の視点に立ち返ってしまう部分を凝視してしまう。

あくまで『客観』も意識下では個の範疇の外に出る事ができない。
といことは、どこまでいってもわかりあえるわけがないという絶望。
そしてそれは、ごくあたりまえの事に不適合であると認めざるを得ない。


解決策などたぶん無いと思うが、
いまのところの正解は『なにもわからない』という自覚でしかない。





Trackback

Trackback URL
http://pineapplebase.blog91.fc2.com/tb.php/124-e661ef84

Comment

Comment Form
公開設定

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。