スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追記2

食事について。

とりたてて名物がなく、料理といってもぱっとしないのはやはりアメリカの歴史と関係があるのでしょうかね。
料理にしてもお菓子にしても、
とにかく、味も食感も、ザツ…!
ちょっとの間行っただけであーだこーだ言うのはナンですけれど。。

そんな中気に入って毎日のように食べてたのはベーグルサンドと…中華!
ベーグルサンドはターキーやらベジタブルクリームチーズやらTOFU(豆腐)ペースト!←中に長ネギin
などなど、ベーグルの種類も中身もいろいろあって飽きずに食べてた。

で、言いたかったのはベーグルでもニューヨークのことでもなくて、中華料理から見える中国のこと。

こう見えてわたくし、高校で世界史は常に校内1位をキープするほど世界史好きでした。そりゃーもう100点なんて当たり前てぐらい好きでしたので、当時先生の言ってたことをふと思い出しまして。
『“中華人民共和国”の中華の意味は“中国こそが世界の中心である”って言ってんのね』

これ聞いたとき、チャイナって野蛮なのねと思いましたが、、
考えてみたら、いくら人口が多くて海外に華僑として居着いてるとして、
どこの国にも中華街があるってすごくない???

そして、中華街にいて英語わかんない中国人がフツーに店で働いてて、客に『英語わかんない』って言っている…!で客も仕方なさそうな感じ…とか。
アメリカのスタンスとしては『here is America』じゃないの??英語喋れんやつはおととい来やがれ的なアレでは??

この華僑の態度は見習うべきだなと感じた。
見知らぬ土地へやってきて、勝手に居着いて住みだし、でも中華料理世界一だからそれしか食べないし、だったら門とかアーケード建てて中華街にして、自分らは仲間の人数が街作れるくらい多いからとりあえず中国語喋れればいいし…ってこの図太さ…!
そしてその国の人たちもおいしそうに中華を食べている。
実際我々はほぼ毎日中華料理のお世話になった。。日本料理はあっても高いうえにイマイチという悪評しか聞かなかったので、安価で馴染みのある味ということでほんと毎日1度は食べてた気がする。。馴染みがある時点で相当中華が日常に入り込んできているのだ…!!

これはもう平和的、隙間産業的とはいえ侵略行為な気がする。

アジア人元来の野蛮な血をふんだんに発揮していると思う。
同じアジア人としては中途半端に気ィ使ってるよりは見習うべきだと思う。

日本人だってもともと野蛮なはず。歴史をみればそれはそれは超サディスト国家。
それが日本は敗戦後、総自信喪失大国になってしまったのかもしれない。もっといえば、黒船が来たときからかも。
日本はきっと無理をしすぎたのだ。
かわいそうな日本。。原発及び民主党、どっかの大国の言いなりもそろそろ脱さないとね。
正直、デモとか国会大包囲も日頃の憂さバラシの為に用意されているとしか思えない。『ここだったら騒いでいいよ』と。なにも危なくない。みんな怒ってはいるし、言ってることももっともだからどんどん言うべきなんだけど、フェス感はやはり拭えないし、せっかく莫大な怒りのエネルギーなのにすごくもったいない。。戦国時代バリの大将の首取るくらいの野蛮さはテレビや3S政策で骨抜きにされてしまったんだろうか。

あ、そういえば最近友達同士でも言い合いとか喧嘩とかなんないよな~。言い合いしてからがおもしろいのにな。それを避ける空気感あるもんな。
ほんとは空気とか幻想なんだろうに。言ってしまえば人体のホメオスタシスによるもので、勘違いの連続なんだと思う。
今は空気とかおいといて、野蛮さが必要な気がする。

と、この場で言ってるだけの私もしっかり日本人なのでまず、野蛮を内に秘めつつ、できることを黙ってやります。。


追記ってゆっといて、日本の話になってしまった。















Trackback

Trackback URL
http://pineapplebase.blog91.fc2.com/tb.php/91-f99bb4d1

Comment

Comment Form
公開設定

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。